キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
京都へGO! 2日目
2日目です。

この日は朝から雨

どうしようかね~って、朝食食べながら相談。

午前中は仁和寺行って、その後母が行きたいって強く希望していた清明神社、その後に京都御所という行程に。

時間があったら銀閣寺まで足を延ばそう・・・という、緩めの計画を立てる。

DSC_2186_20171116173634394.jpg

市バスに乗って向かいます。

京都の市バス、新聞記事にもなったけど、運転がすごく荒かった。

母と二人でビックリよ。

「岩手県交通も結構だけど、ここのバスはその上をいってるね」

ってバスに乗りながら話してた。

ま、そんなこんなでバスに揺られて、仁和寺に着いたころには雨も上がっておりました。

仁和寺はむか~し昔、そのはるか昔に行ったことがあって、一遍で好きになったお寺。

またこれてすごく嬉しかった。

DSC_2190_20171116173637127.jpg

DSC_2192_20171116173641091.jpg

DSC_2198_201711161736437ad.jpg

DSC_2212_20171116173837033.jpg

DSC_2217.jpg

DSC_2226.jpg

紅葉には少し早かったけれど、綺麗に色づいているモミジもあって、

緑とのコントラストが綺麗だったよ。

境内が結構広くて、足が悪い母は歩くのが大変だったみたい。

ここは目の前にバス停があるので、余計に歩かなくていい分よかった。

次はバスで清明神社へ。

バス停からちょっと歩いた。

もちろん清明神社近くにもバス停はあるんだけど、路線が違うと離れちゃうこともあるしね。

DSC_2230_20171116175627bc7.jpg

DSC_2232_20171116175628ca7.jpg

DSC_2233_201711161756301a9.jpg

こじんまりとした神社だった。

写真も↑3~4枚しか撮らなかった。

母はこの井戸のお水をいただいて喜んでたよ。

ここから京都御所まで歩いて行った。

バス時間が合わないし、タクシーで行くには近すぎるし、じゃ歩こうってなったんだけど、

母のためにタクシーで行けばよかったと後から後悔。

そんなこんなでようやく到着したころには、3時30分前後。

4時に閉まるらしく、観てない方は早めに見てくださいとおふれが。

雨の中、傘を差しながら歩きましたよ。

DSC_2234.jpg

DSC_2238.jpg

DSC_2239.jpg

DSC_2245.jpg

DSC_2254.jpg

DSC_2260.jpg

DSC_2196.jpg

DSC_2205.jpg

いや~、広い広い。

桧皮葺き屋根の分厚さにびっくりし、広さに驚き、

ここを天皇家の方々が歩いてたのか(いや歩きはしないか?)なんて思いながら、

4時までに出なきゃと焦りながら歩いた。

もうね、ここで母の疲れもピークよ。

ちょっとだけベンチで休んで、その後はタクシーでさっさとホテルへ戻りましたとさ。

オーバー80の母なので、無理をして明日以降に支障がでるのも困るので、

ホテルにて休養。

私はその時間を利用して、近くのイオンに入ってる映画館で

「マイティーソー・バトルロイヤル」のトム様を見て、身体は休養を目は保養をとりました。

雨だったけど、たくさん歩き回って疲れたけど、お風呂に入って疲れを癒し、

ぐっすりと眠ったのでした。












スポンサーサイト
京都へGO!
11月7日から10日まで母と二人で京都へ行ってきました。

初の母娘二人旅。

私は数年ぶり、母は去年も来ているので2年連続。

去年は見たいのに見れなかったのがたくさんあって、消化不良をおこしていたそうなので誘って良かったわ。

DSC_2149.jpg
当日の朝焼け  久しぶりに早起きしたものだから、撮ってみた

盛岡駅発9時50分のはやぶさ・こまちで東京まで

DSC_2152_20171115130350c35.jpg

東京駅発12時33分発ひかりで京都まで

DSC_2158_20171115130353d19.jpg

駅弁を食べながら

DSC_2159_2017111513035378c.jpg

残念ながら富士山は雲で見えませんでした。

京都駅に到着

DSC_2164.jpg

ホテルは地下鉄九条駅のすぐそばなので、新幹線を降りて地下鉄の駅まで歩きましたとも。

駅からまっすぐ歩いて行けたことに気付いたのは、ホテルに到着してから。

地下鉄まで歩くより、ホテルに歩いて行ったほうがよほど早かった。

DSC_2424.jpg

ホテルはSAKURA TERRACE (サクラテラス)

外人さん多かった。

大浴場(中浴場)があって、足を延ばしてゆったりできるのはいいね。

朝食も美味しかったし。結構おすすめ。

一人旅や友達とだったら、リピート有だわ。

ホテル到着後、4時ごろだったのでどこか回ろうかということで行ったのが

京都国立博物館の国宝展

DSC_2168_20171114173528301.jpg

DSC_2170.jpg

母の足を考えると、長時間歩き回るのもなんなので、足慣らしのつもりで。

金印を見てきたよ。教科書でしか見たことのないやつ。

jb_kinin03.jpg

小っちゃかった。

見終わった後はお待ちかねの夕食。

京都に来たら竃炊きご飯・・・ということで、かいmamに教えてもらった

土井しば漬け本舗の京都駅店へ。

何組か並んでいたけど、割と回転がよくて、そんなに待たずに席につけた。

DSC_2181.jpg

御膳を注文すると、おばんざいが付いてくるっていうので、

九条ネギとお揚げの卵とじ御膳を頼んだ。

九条ネギ、甘かった。

アタシとしたことが、お腹いっぱいでデザートが入らなかった。

ま、そんなわけで腹ごなしにホテルまで歩いて帰り、

お風呂に入って疲れをとって、1日目は過ぎていったのでした。


PS
国立博物館の斜め前に素敵な竹林があって、ライトアップされてた。

DSC_2172.jpg

何だろうって近づいてみたら、

DSC_2173_20171115134402264.jpg

超高級ホテル ハイアットリージェンシー京都でした。

次回はここに泊まろうかと母と意見が一致。(言うだけ)
生きてます!
お久しぶりもいいところですが、キーさんもワタクシも生きております。

元気ですよ。

さすがに歳は取りましたが。

なので、この前出てきたSDカードにはいってた若い時のキーさんを披露しましょう。

IMG_9182.jpg

愛想も何もあったもんじゃない顔してますけどね。

ホントは京都へ行った話を書こうとしていたんだけど、

なぜか写真のアップができなくて。

それでこうやって昔のキーさんをだしてごまかしてるってわけ。

IMG_9186.jpg

なので、写真のアップができたら京都旅行もアップする・・・かも。


久しぶりの散歩のようなもの
久しぶりにキーさんと午前中の散歩をした。

散歩している間に洗濯して、帰ってくる頃(10時ころ)には洗濯が終わっているからその後は部屋の掃除をして、

午後からはトム様の映画を観よう・・・と完ぺきな計画を立てていた。

DSC_1869.jpg


そう、途中で太郎くんとお母さんに会うまでは。

久しぶりに会ったこともあり、ちょっと話がはずんじゃったんだよね。

ハッと気が付いたときはすでに11時。

慌ててお暇して、歩き出したはいいけれど、キーさんが歩きたくないと駄々をこねまして。

仕方ないから、太郎くんちに戻って、キーさんを預かってもらうことにした。

で、その間母ちゃんは家に帰って車を持ってくる・・・ということにして。

いつもはなかなか車に乗りたがらないキーさんだけど、

今日は「待ってました」とばかりに、軽やかに車に乗りやがりましたよ。

DSC_1855.jpg


散歩のはずだったのに、歩いたのは15分くらい?

家に帰った母ちゃんは、

「もうどうでもいいや。ちょっとくらい部屋が汚くったって死にやしないさ。」

という投げやりな気持ちになりまして、掃除もしなければ、トム様の映画も観ずに、

いつものように自堕落な一日を過ごしてしまいました。




トムのこと
トム・ヒドルストンとテイラー嬢が別れた(らしい)。
 
tumblr_mq4thgF1Q21spet47o1_500.gif 

ある記事によると、交際をオープンにしたいトムに対し、プライベートはプライベートとしておきた

いテイラー嬢の間で意見が一致しなかったから・・・というのが理由らしい。

えっ、ちょっと待って。

最初っからオープンだったんじゃないの?

ロードアイランドでのキスや、テイラー嬢の地元でのデート、イギリスのトムの家族との対面、

ローマやオーストラリアへの旅行って、十分にオープンだったんじゃないの?

あれだけオープンだったのに、今更プライベート云々いわれてもねぇ。

なんか別れる理由に納得がいかないんだけど。

まあ、所詮は他人事。

とはいえ、トムファンの私としては、喜んでいいのか悲しんでいいのか、

よくわからないんだけど。

Hiddlestonerとしては、別れても、そうでなくてもトムが幸せだったらそれでいいのだ。

トムが笑顔でいてくれれば、アタシはうれしい。
  Cgr3g5zWsAAZljk.jpg
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .