FC2ブログ
キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪05月   2007年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
速報 ちょこ その後
本日のちょこの手術は無事に終了しました。
2時30分(先生の都合で遅れた)に病院へ行き、麻酔やインターフェロン等全部で5本注射して、手術開始。

手術の様子はわかりませんが、待合室で待っている間、側にいてくれたのが病院猫のデン君と看護婦さんの飼い犬のはなちゃん。
デン君は右前足がないけど、とってもげんきな男の子です。
はなちゃんはもうおばあちゃん犬だけど病院のお局様みたいな犬です。

ずっとデン君がごろごろとあちこち撫でてくれ~と離れなかったです。
同じにゃんこが手術なので気を使ってくれたのかな?
大丈夫だよって。

デジカメ忘れたので画像無しなのが残念です。

で、手術が終わったのが3時20分位かな。
手術室から出てきて保護箱?みたいな所に入れられ、覗いたところ、一生懸命エリザベスカラーを外そうとしてました。
とりあえず元気そうです。

手術後、先生に話を伺ったところ、なんと右側の子宮が『卵巣腫瘍』に罹っていたいたことが発覚。(『卵巣腫瘍』ではなく、『卵巣膿腫』に訂正)
そのまま放っておいたら、破れたり、ガン化したりして大変な事になる可能性が高いと言われ、ちょと・・いや大分びっくり。
「しかし、今回手術して良かったよ。」と言われた時は、私ってなんていい飼い主なんだろうと自画自賛。
たまたまタイミングが良かっただけだけど。

追記:右目も見てもらったところ、膜がガッチリくっついて剥がれないらしい。もし無理に剥がしても角膜がすごく薄くて傷つくのでやめました。との事でした。

猫エイズキャリアのちょこにとっては、できるだけ他の病気に罹るリスクを減らしてあげたいから、今回手術をして良かったです。

元気になったら、キーファーと一緒に遊ぼうね。

20070602122631.jpg


ぽんとぷうもまってるからね
20070612104012.jpg

20070612103942.jpg


もちろん坊ちゃんも
20070607165559.jpg

スポンサーサイト
ちょこ
今日は午後2時より、
20070611154018.jpg

このお茶目なちょこの避妊手術が行われます。
なので朝からご飯抜き。
ご飯を求めて「ニャーニャー」と泣いていましたが、「今日はダメ」と心を鬼にして無視を決めております。

病院の先生が一番気にしているのが、猫エイズキャリアの為の免疫力不足。
手術前一週間朝晩薬を飲んで体調を整えて今日を迎えたけど、手術中に何が起きるか判らないものね。

とにかく手術が無事に終わるのを待つしかないのです。


ここからは、今朝の事件を少しだけ。

今朝は夫の「ちょこ、そこに居る?」の声で目が覚める。
ベッドの下を覗き、「いないよ」
「3匹とも脱走したかも」と夫。
『脱走』の一言で、頭フル回転。
「勘弁してよ、今日ちょこ手術なのに」とぼやき、
「どっから出たの」から始まって「何で鍵閉めないのよ」まで一気にまくし立て、いつもはノロノロなのにテキパキ着替え、捕獲に向かう。

家の裏に向かうと、ちょこはいないがぽんもぷうもいるじゃん。

あ~、よかった。

手前にぷうがいたので、まずはぷうから捕獲を・・・と思い近づくとすかさず逃げる。
じゃあいいや、と今度はぽんへ。
ぽんも一応逃げるけど、この子は捕まえて欲しそうなので、いつも簡単に捕獲できる。
で、ぽんを捕獲して「ちょこはどこ行ったの」と言いながら家の中を見たら、定位置にちょこ発見。
ちょこは脱走していなかった。よかった。
ぽんを家に入れてぷう捕獲にGO。
今度は難なく捕獲し、ぷうも家に。

捕獲後のぷう
20070612103843.jpg

ぽん
20070612104114.jpg


にゃんこずを無事に捕獲後、今度はキーファーと散歩へ


朝日を浴びながらオシッコをするキーファー
20070612103708.jpg


朝から暑いらしくやさぐれた感じのキーファー
20070612103750.jpg



本日のおまけ
家に来たばかりのころの
ぽん
20070612104753.jpg

ぷう20070612104727.jpg


おまけのおまけ
家に着いた日のキーファー
20070203200223.jpg

Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .