FC2ブログ
キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪08月   2009年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
今日の殿と兼続くん
『兼続に伝えよ』

『今度はわしも「どじょっこほい」を踊るぞ!』


おいおい、何を言ってるんだ。

伝えるのはそれじゃないでしょうが。

え~、これでいいんじゃないの。

兼続だって

『見たかったのぉ。あやつの踊り』

って言ってたじゃないか。



『兼続に伝えよ』

『生きて後世に、我らの正義を伝えよと』

正義。

難しいよね。それぞれに正義があるから。

上杉の正義。 兼続の正義。 三成の正義。

家康の正義・・・があるかどうかはわからんが。


それにしても人というものは、何かを失なわないと大事なことに気がつかないものなのだろうか?

家康に味方をした福島正則も、戦後処理の家康を見て、

失敗したかも・・・と思っても後の祭り。

福島正則が兼続に

『本当に豊臣を思っていたのは治部少輔だったのかもしれん』

といったことしかり。

家康の言葉にころっと騙された福島も阿呆だけど、

三成ももっと周りの人と判りあえるように話せばよかったのに。

もそっと柔軟性があれば、関が原も変わっていたかもしれないよね。

誰か~、三成にダウニーの入ったお風呂に入れてあげて~。

って、もう遅いか。


『強いものが勝つ。勝ったものが正義とは限りませんぞ。』

という三成の言葉に何を思う、徳川家康。

『そんなものは屁でもないわ』

って言いそうだね。


ずっ~~~~と昔に、加藤剛が石田三成役をやったドラマがあったんだけど、

関が原のあと捕まった三成が城の入り口にさらされて、

敵方の武将から罵詈雑言を浴びせられる場面を覚えております。

あの頃は負けたほうが悪者って単純に思っていたけど、

今は三成の気持ちがよくわかるわ。


そんなことより、殿。

出番が少のうございます。

最初と最後だけ?

予告だけ?

せっかく謙信公譲りのマントを着ているのに。

戦に行かないの?

というか。

長谷堂城の戦いに前田慶次が出ないでどうする。

前田慶次がいなければ兼続は死んでたかも知れないんだぞ~。

そんな大事な人を無視していいのか?


スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .