FC2ブログ
キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪09月   2009年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
地震だ!
ゲッ、地震だ!

でも、犬も猫も人も起きやしない。

ということは、大したことないってことだね。

震度3以上だと市の防災無線でお知らせするけど、それがないから大丈夫だね。

では、寝るとしますか。

IMG_1710キーファー
スポンサーサイト
今日の殿と兼続くん
うわ~~~~ん、菊姫~~~~。

死んじゃったよ~~~~。

殿~~~、心中お察しいたします。

京と越後・会津・米沢と離れて暮らしていたけれど、

心は繋がっていた(はず)殿と菊姫。

武田が滅び、『もう私には用がないはず』といった菊姫に

『そなたはわしの妻じゃ』といった殿が忘れられないわ。

あの時ほど、菊姫になりたいと思ったことはなかったけど、

今回も、菊姫になりたかったわ。

あんなふうに殿に抱きしめられたいわ~。

武士にとっては家を残す=子孫を残すことが一番大事なことだから、

菊姫が殿に側室を・・・って気持ち、よくわかるけど、

自分がその立場だったら、言えるかな?

殿が大好きで、上杉も大好きだったら、きっと言っちゃうんだろうなぁ。

でも、同時にすごく嫉妬もしちゃうんだろうなぁ。

殿の側室が子供を産んだのは菊姫が亡くなった後なので、

いらぬ嫉妬はしなくて良かったのが、唯一の救いだろうか?

嫉妬って、人を醜くしちゃうもんねぇ。

気をつけなくては。


菊姫が亡くなったと知らせを受けた殿。

秀頼に新年のお祝いを途中で言えなくなっちゃって。

もう、一緒に泣いちゃったじゃないか。

殿の不器用な人間らしさがよく出ておりました。

菊姫、愛されていたんだね。



兼続くん、上杉家中やら、息子・竹松のことやら、

いろいろと肩に乗っかって、重そうだね。

次回は実頼まで乗っかってきそうだし。

でもさ、君には隣にお船がいる。

優秀なブレーンであるお船がいるのだ。

バカは利口を使いこなせないが、君はバカではないから大丈夫。

上手にお船を使い、殿と上杉を守るのだぞっ。





Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .