キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪03月   2017年04月   05月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4年目の鍬ヶ崎
雪の舞う昨日、鍬ヶ崎へ行ってきた。

第一印象は、『あまり変わってない』かな。

IMG_4138.jpg

真ん中の建物は「菱屋酒造店」

もちろん被災しましたが、復活しております。

ここの『純米大吟醸 男山』はとっても美味しいそうですので、

復興の手助けをしたい・・・という方は、購入してみてはいかがでしょうか。

我が社の酒飲み人が美味しいと太鼓判を押していました。

実際こちらの杜氏さんは、青森の『田酒』を造った方で、

酒屋の親父さんも、杜氏がかわってから美味しくなったといっておりました。

ただし、ちょいとお高いです。

IMG_4133.jpg
IMG_4135.jpg

上2枚は事務所跡地

がれきは奥のほうにまとまってありました。

鋼矢板をうちこんでいるところでしたが、ここは何になるんでしょう?

この土地はまだ地主さんのもので、市には売却していないって言ってたけど。

無償でがれき置き場にさせられてる・・・そうです。

IMG_4147.jpg

ケーソン製作ヤードもこのとおり。

クレーンが撤去されて、函台だけが残ってます。

ここ見てたら涙が出てきた。

かつて親父が采配を振るってきた場所。

親父の大声が聞こえてきそうな気がした。

IMG_4155.jpg

その先は、壊れたままの海。

ここは3年前のままなんだね。

IMG_4158.jpg

そしてここは、毎日キーファーと散歩した旧魚市場の前の道。

ここを通って『なあど』まで行って帰ってくるのが日課だった。

復旧工事で嵩上げされていた。

釣り人に可愛がってもらったり、さんまやスケソウダラをもらったり、

たくさんの思い出がある場所。



IMG_4137.jpg

工事は行っているけれど、まだまだの状態。空き地だらけ。

我が社もいっぱいいっぱいで、なかなか手伝いに行けないのが心ぐるしい。

お世話になった鍬ヶ崎地区なので、なにか恩返しがしたいんだけどね。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。