キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の殿と兼続くん
今日3回目の「天地人」を見終わりました。

兼続君、もう泣かないっていってたのに。。。
泣いてたやんか~。

でも、今日のは「感激の涙」だね。
謙信公から、ありがたいお言葉をいただいたんだからね。


今日の殿、兼続が帰ってきて、隠しても嬉しさが滲み出ておりましたな。

「待て。しばらくそこにおれ。」
「蟄居の苦労話など聞かせてはくれぬか。兼続らしゅう、面白うの」

この言葉に、殿の気持ちが込められていたね。

どうせだったら、抱きしめてあげればよかったのに。

でもでも、あの殿のはにかんだような笑顔。
それだけで充分でございます。

兼続が剣の稽古をしていたときに声をかけた殿の顔。
成長した兼続を見て、嬉しそうだったね。
声が弾んでいたものね。

うんうん、やっぱり殿の側には兼続がいなくてはダメなのね。

それはそうと、仙桃院様、景虎の屋敷で兼続に
「あそこに一つあるは王である北辰の星。景勝の星じゃ」
なんて言っていたけど、景虎が聞いていたらなんとする。
いい気はしないよね、景虎クンとすればさ。

それにしても、兼続君、顔つきが変わったね。
目がしっかりしていたもの。
蟄居生活、母の死、お船の結婚等考えることがたくさんあって、一皮剥けたか?
これからが本番だもんね。
がんばれ!兼続くん。

謙信公が言っていた、
『この世には、天下を取るより大事なものがある。それこそがわが義。人が人であることの美しさじゃ。』

この言葉を、今の織田信長のようなすべての政治家にくれてやる。

IMG_2227ぷう






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。