キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の殿と兼続くん
謙信公、死んでしまいました。

まあ、仕方ありません。死んでしまったものはしょうがない。

問題は、これからのことでございます。


今日の殿。

いつもと変わらず、寡黙でございました。
倒れた謙信公の枕元で、ただ見つめておりました。
それに比べて景虎殿、涙を浮かべながら「どうしてこんなことに・・・」と。

殿、偉いわ。悲しみをこらえるのは難しいもの。
感情を表に出したほうが楽だよね。
でも、殿はそういうことはしないんだよね。
一人で耐えるのだ。
『上に立つものは、みだりに泣いてはならぬのじゃ。』
と、喜平次時代に言っていたものね。

しか~し、兼続くん、今日も泣いていたではないか。
もう泣かないって言ったのに。嘘つきだなぁ。
今回は敬愛・尊敬する師の死だから仕方ないかぁ?

次回からは泣いている暇はないぞ。

だけどさ、ああやって景勝殿と景虎殿が並んでいると、どう見ても景虎くんの勝ちだよなぁ。
悔しいけどさ。
本当に三国一の美男子だったかどうかはさておいて、玉鉄景虎くんは美しい。
でもでもでも、北村景勝殿のほうに目が行っちゃうんだな、ワタシ。
殿、景虎くんの家臣なんかに負けてはいけませんぞ。
ワタクシがついております。

兼続くん、景勝殿を上杉の御大将にすべく、動き出しましたね。
顔つきも変わったし、しっかり殿を守るのよ。

殿と兼続が見詰め合っちゃうところ、なんだか顔が赤くなっちゃったよ。
その部分だけ、兼続くんと代わりたかったわ~。


それにしても、お葬式って人の本音が見えて面白いよね。
普通の家でも相続問題って難しいのに、上杉家というより越後国の相続問題になるんだもんね。
どっちにつくかで、これからの人生が変わってくるんだから、諸将も命がけだよね。

ワタクシは何があっても、景勝殿についていきますわ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ponさーん!!!
謙信公の訃報を、3行で終わらせていいんですか?(笑。

2時間連続「天地人」、楽しかったです^^。
長男次男、絶対に主題曲から聞かないと「天地人」は始まらない!と言う生粋のマニアです。
なので、今日は2回聞きました(笑。

長男は「今日はタオルがいるぞ・・・」と覚悟を決め、
次男は手取り川での戦いに「やったーーー」と歓声をあげつつ「なんで、また春日山に帰るん??」と呟いたり・・・。

謙信が兼続に言った「そなたこそ我が無二の弟子」と酒を飲み交わした場面では、ぐっときました・・・。

謙信の危篤のおり、殿の寡黙な姿、私も偉い!と思いました。
殿らしい。
でも、やっぱり謙信が亡くなるのは残念・・・悔しい・・。
ほんとに立派な方でしたね・・・。

後継者問題は
私も景勝に一票です^^。
お万の一声に、よしっっっ!!でした^^。

その後、「わしは御屋形様の心、そして御屋形様の義と共に生きる」と言った景勝・・・えらいっ!えらいよ景勝。
そして兼続「王である北辰の星はわが殿の星、それを守る北斗の七星はわれの星」・・・。
もう、涙・・・でした。

思うに、、映画でもマフィアのファミリーの絆とか、
そういう男の「義」に弱いのかもしれません・・・
一応、私、女ですが。(笑。

兼続・・・
泣いちゃう顔も可愛いから、許しちゃいましょう^^。
お船が「何かあった時はそなたを頼ります」って・・・
ちょっと。。。
なんなんですか、あの空気。
個人的に心穏やかではありません・・・。(笑。

ponさんはなにがあっても殿についていき
私は、どこまでも兼続を支えていきます~^^。

来週がまた楽しみですね!!!。
2009/03/02(月) 00:23 | URL | こはる #yl2HcnkM[編集]
こはるさんへ
>謙信公の訃報を、3行で終わらせていいんですか?

いいんです。だってこれは「殿と兼続くん」だから。

こんなに早く亡くなるなんて、本人も周りも思っていなかっただろうね。
日本の歴史が変った瞬間だったのかも。(大げさ?)

しかし、こはる家の小学生コンビ、渋いよね~。
一度お会いしたいものだわ。
長男君、タオル一枚で間に合ったかな?
次男君、なかなか鋭いツッコミをするではないか。

後継者争いに関しては、本人達より周りがヒートアップしてるよね。
将来の自分の立場がそれによって決まるんだもんね、皆必死だよね。
景虎くんが仮に上杉家を継いだとして、越後の民や米のことを何処までわかっていたか?
最後まで民を守りきれただろうか?
結局、実家北条家にいいように使われるんではないか?
なんて思ったりして。
その点、景勝殿は生粋の越後人。
それだけでもう充分。
と言う、すっげー感情論に行き着くワタクシなのでした。

>「わしは御屋形様の心、そして御屋形様の義と共に生きる」~

この場面の兼続くん、殿を必ず「上杉の御大将」にするという決意の元、すっかり「へたれ」返上しちゃったね。
凛々しい顔になってきた。

男同士の「義」って、女にとっては手の届かないものだから、羨ましいのかもね。

>お船が「何かあった時はそなたを頼ります」って~

兼続くんもまんざらではなさそうな顔していたよね~。
やきもち焼いてるこはるさん、可愛い~。
我が殿は今のところ女っ気がこれっぽっちも無いので、心配無用だわ。

次回からは、怒涛の展開・・・かな?
目が離せませんぞ。
風邪など引いてる場合ではございません。








2009/03/02(月) 13:17 | URL | pon #nieEO.IM[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。