キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の殿と兼続くん
『兼続に伝えよ』

『今度はわしも「どじょっこほい」を踊るぞ!』


おいおい、何を言ってるんだ。

伝えるのはそれじゃないでしょうが。

え~、これでいいんじゃないの。

兼続だって

『見たかったのぉ。あやつの踊り』

って言ってたじゃないか。



『兼続に伝えよ』

『生きて後世に、我らの正義を伝えよと』

正義。

難しいよね。それぞれに正義があるから。

上杉の正義。 兼続の正義。 三成の正義。

家康の正義・・・があるかどうかはわからんが。


それにしても人というものは、何かを失なわないと大事なことに気がつかないものなのだろうか?

家康に味方をした福島正則も、戦後処理の家康を見て、

失敗したかも・・・と思っても後の祭り。

福島正則が兼続に

『本当に豊臣を思っていたのは治部少輔だったのかもしれん』

といったことしかり。

家康の言葉にころっと騙された福島も阿呆だけど、

三成ももっと周りの人と判りあえるように話せばよかったのに。

もそっと柔軟性があれば、関が原も変わっていたかもしれないよね。

誰か~、三成にダウニーの入ったお風呂に入れてあげて~。

って、もう遅いか。


『強いものが勝つ。勝ったものが正義とは限りませんぞ。』

という三成の言葉に何を思う、徳川家康。

『そんなものは屁でもないわ』

って言いそうだね。


ずっ~~~~と昔に、加藤剛が石田三成役をやったドラマがあったんだけど、

関が原のあと捕まった三成が城の入り口にさらされて、

敵方の武将から罵詈雑言を浴びせられる場面を覚えております。

あの頃は負けたほうが悪者って単純に思っていたけど、

今は三成の気持ちがよくわかるわ。


そんなことより、殿。

出番が少のうございます。

最初と最後だけ?

予告だけ?

せっかく謙信公譲りのマントを着ているのに。

戦に行かないの?

というか。

長谷堂城の戦いに前田慶次が出ないでどうする。

前田慶次がいなければ兼続は死んでたかも知れないんだぞ~。

そんな大事な人を無視していいのか?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ponさん、風邪が治ったのですね^^
よかったです!
私、新型インフルに、1人ヒヤヒヤしてます・・・。



三成とダウ二ー。
思わず想像してしまいました。
関が原で、ロン毛の兜をかぶる三成、右に左に
動くたび、ほのかにかほるダウ二ー香。
その香りに、島左近うっとりすること間違いなしっっ!

島左近「殿、さらばでござるっっ!」って、
渋かったわ~!えらいっ!男前っ!

それにひきかえ、小早川ーーーーっ!
話題にするまでもないですね。
羞恥心のあの子(名前忘れました)、この役を
して、嫌いになりました。単純(笑)。


家康の正義は、ないですよね?
なのに、どうしてずっと何代も続いたの?


次男、今朝納豆ごはんをほうばりながら
「福島も小早川も、戦終わってから、家康に
キレてたよな~」と一言。

キレてた・・・。現代風に言うとこうなるのですね。


私も見たかった、三成のどじょっこほい。

でも、上杉家の宴で踊ったあの「どじょっこほい」が、まさかここまで引っ張るとは・・・。

三成の遺言よりも、「どじょっこほいを一緒に踊りたい」と言った言葉の方が
なぜか、印象的だった。

それはそれで、どうなの?天地人・・・(笑。



2009/09/28(月) 09:57 | URL | こはる #yl2HcnkM[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/28(月) 23:28 | | #[編集]
戦国の世も今の世も人間のする事は同じですね
三成殿 貴殿 家康殿からお主は人の上に立てる
裁量・人格は持っておらぬと言われたではないかと
その、言葉を真摯に受け止め内なる自分に対峙すれば 
多少の光明も見えたはず・・・したり
人間とは過ちを犯す動物
人間とは過ちを繰り返す動物
人間とは過ちを反省する動物
いつも思うことは 上に立つ者理想・正義・だけでは
人は付いてこないし動かない もっと大局を見て
今は何が必要か 今は自分を殺し寄らば大樹の陰に徹し 
時を待つと言う事は 多くの家来を無駄死ぬさせないで済んだかと・・・
三成にはそれだけの器量がなかったのでしょう 
現世に置いても 「すまじきものは宮仕え」 上に気に入られれば 
下から不興を買い 下から慕われれば上から 疎んじられると 
処世術も難しいワン
2009/09/30(水) 10:16 | URL | ポリ子 #-[編集]
お返事です
>こはるさんへ

島左近、人気あるんですよね。
天地人の作者、火坂さんも今、島左近を題材に執筆中らしいですよ。
三成、家康に「お前についていくものなどおらん」て言われてたけど、どうしてどうして、ちゃんといたじゃないねえ。(数は少なくても、濃い人が多いよ)
人付き合いの下手さ、根回しの下手さ、駆け引きの下手さ等々、家康に敵わなかったのが敗因か。

天地人兄弟、相変わらずいいところに目を付けるね。
事が終わってから何かに気づくんじゃなくて、ことを始める前にいろんなことを考えてからやるのも大事だからね。
まあ、福島も小早川も気づいた分だけましってことか?

徳川が300年も続いたのは、徳川には徳川の正義があったということなんでしょうねえ。
確かに、戦国の世を終わらせたということは民衆(武士以外)にとっては歓迎すべきことだよね。


>ポり子さんへ

三成に足りなかったのは、経験なんでしょうね。
痛みを伴う挫折を経験していないことが、決定的要因でしょうか?
頭がいい人にありがちな、他人を見下したり、謙虚さが足りないとか。
日本の行く末というより、豊臣家の行く末を見ていたんでしょうね。
だから、家康に負けたのかもね。
2009/10/03(土) 14:19 | URL | pon #nieEO.IM[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。