キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪09月   2017年10月   11月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の殿と兼続くん
うわ~~~~ん、菊姫~~~~。

死んじゃったよ~~~~。

殿~~~、心中お察しいたします。

京と越後・会津・米沢と離れて暮らしていたけれど、

心は繋がっていた(はず)殿と菊姫。

武田が滅び、『もう私には用がないはず』といった菊姫に

『そなたはわしの妻じゃ』といった殿が忘れられないわ。

あの時ほど、菊姫になりたいと思ったことはなかったけど、

今回も、菊姫になりたかったわ。

あんなふうに殿に抱きしめられたいわ~。

武士にとっては家を残す=子孫を残すことが一番大事なことだから、

菊姫が殿に側室を・・・って気持ち、よくわかるけど、

自分がその立場だったら、言えるかな?

殿が大好きで、上杉も大好きだったら、きっと言っちゃうんだろうなぁ。

でも、同時にすごく嫉妬もしちゃうんだろうなぁ。

殿の側室が子供を産んだのは菊姫が亡くなった後なので、

いらぬ嫉妬はしなくて良かったのが、唯一の救いだろうか?

嫉妬って、人を醜くしちゃうもんねぇ。

気をつけなくては。


菊姫が亡くなったと知らせを受けた殿。

秀頼に新年のお祝いを途中で言えなくなっちゃって。

もう、一緒に泣いちゃったじゃないか。

殿の不器用な人間らしさがよく出ておりました。

菊姫、愛されていたんだね。



兼続くん、上杉家中やら、息子・竹松のことやら、

いろいろと肩に乗っかって、重そうだね。

次回は実頼まで乗っかってきそうだし。

でもさ、君には隣にお船がいる。

優秀なブレーンであるお船がいるのだ。

バカは利口を使いこなせないが、君はバカではないから大丈夫。

上手にお船を使い、殿と上杉を守るのだぞっ。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
菊姫も薄幸で可哀想でしたね~
でも、殿 重厚感で出てきてカッコ良かったわ 萌え~♡
私も菊ちゃんが亡くなった後で本当に良かったと思う
口では、側室をと持って下さいといっても 実際に
側室が来ると 其処は生身の人間 心中察するに
あまりあるものがありますよね
生きてる内に赤ん坊なんて出来たら 嬉しいのと
自分が産めなかった事に・・女心は複雑です

御意!兼続君も人生は重荷を背負って坂道を行くがごとしですが 
お船さんという心強い妻がいてござる
お船さんが居る限り大丈夫ワンネ~goo
2009/10/19(月) 20:54 | URL | ポリ子 #-[編集]
ポリ子さんへ
史実はどうかはわかりませんが、ドラマでは菊姫と殿は離れていても仲がよかったのが救いかな。
そうだよね~、自分のライバル(側室)に子供それも男の子ができたら、家が存続するという嬉しさよりも悔しい気持ちのほうが勝つよね、きっと。
菊姫が亡くなってからで本当に良かったわ。

兼続にはお船もいれば、殿もいる。
子供達が早世するという不幸はあっても、それを補って余りあるお船がいたんだからね。
君ならできるよ。(何がだ?)
2009/10/21(水) 23:24 | URL | pon #nieEO.IM[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。