FC2ブログ
キーファーのおまぬけ日記
シベリアンハスキーのキーファーと4匹のネコのおまぬけな日常を綴っていきます。
≪07月   2019年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
今日の殿と兼続くん
殿、苦渋の決断でございますね。

徳川軍を追わない決断は、賛否両論だったでしょうね。

が、謙信公の義を受け継ぐ殿にしてみれば、徳川を追ってはいけなかった。

本当に戦を知っていた殿にしてみれば、徳川を追っても一時の勝利でしかない・・・

ということを判っていたんだよね。

兼続は戦を知っているとはいえない。

殿は戦とは何かを知っている。

その殿が決断したことだから、正しいことなのよ。

その証拠に、最上が上杉領内に侵攻しようとしているではないか。

追っていたら、背後を突かれて上杉はそこでお終い。

だったはず。

結果論ではあるけれど、ここで追わなかったことが

後の上杉にとって吉となるんだから、

「終わりよければすべて良し」

と言うことで、良しとするのよ。


それにしても、徳川家康の老獪なこと。

それに比べて福島正則の単純なこと。

秀吉の子飼いの家臣だったはずなのに、豊臣家を見捨てるとは。

ああ、そうか。

豊臣家に忠誠を誓ったわけじゃないのか。

秀吉に忠誠を誓ったのか。

だから、秀吉亡き後は誰に付こうといいわけだ。

ふ~ん、そうだったのね。


『直江状』

上杉の本領発揮の書状ですな。

自分のことは棚に上げて、人の事をあげつらう家康に対してあそこまで言えるのは

上杉だけ

というのも情けないよね。

そんな家康の腰ぎんちゃくみたいになっている

伊達政宗

君が、君が一番情けない。
今日の殿と兼続くん
『兼続、治部少輔に肩入れしすぎてはおるまいか』

よう言いました、殿。

兼続の気持ちもわからんではないが、ちと肩入れしすぎの兼続です。

本人は気がついているのか、いないのか、

三成の性格を知っているから、手を引けなかったのか?

そこの所は定かではないが、兼続に意見できるのは、

殿だけですから。

もっと言ってやって、殿。

冷静なようでいて、そうでもないから、兼続は。


会津に移った上杉家。

伊達、最上、徳川に備えるために、国境を固める上杉。

上田衆と兼続パパも動員しての国固め。

忙しいね、殿も兼続も。

おまけに秀吉も死んで、国と京とを行ったりきたり。

ついでに、狸親父との腹の探りあいもしなきゃならないしね。


狸親父、今日もネチネチいじめていたね~。

三成、もそっと余裕をもたなくては。

兼続のいうとおり。

大局が見えてない。

あ、いや、大局が見えてないのはある意味兼続もそうか?

大局が見えていても、徳川のやり方が気に入らないから、

三成にくっついていたとか?


久々登場の真田幸村くん。

相変わらずワイルドでカッコイイね~。

殿に勝手な出奔をわびる幸村。

『昔のことはよい。息災であったか』

と、心の広いところをみせる殿。

大人でございますな~。

幸村、上杉を離れて上杉の良さを実感してるんじゃないの?



今回は 『島 左近』くん が初登場だったね。

巷で大人気の『島 左近』くん。

彼もまた、ある意味『義』に生きた人。

三成の一番の家臣だよね。

来週からの活躍に期待しちゃおう。


それにしても伊達政宗。

君は、君は。。。。





今日の殿と兼続くん
さらば、越後


うわぁ~~~~ん、殿~、ワタシを置いていかないで~。

殿がいない越後なんて、ク○ープを入れないコーヒーみたいじゃないの。

やだやだやだ~、ぜったいやだ~。

どうしても行くのね。殿は会津へ行っちゃうのね。

悲しいわ~。

だけど、殿言ってくれたね。

『どうせ守るなら、越後の民を守りたい』

って。

それだけで、十分でございます。

ワタクシはその言葉を胸に生きていきますわ。へっへっへっ。

越後との別れに、殿は何を思う。

どこに行こうとも、やるべきことは同じだけど、気持ちの入り方が違うよね。

兼続も言ってたじゃん。

「わしが越後でやってきたことは何だったのか」と。


あの老害秀吉のおかげで、しなくてもいい国替えなんぞやらされちゃってさ。

蒲生氏郷が早死にしなければ、会津になんぞ行かなくても良かったものを。

蒲生氏郷が生きていたら、秀吉亡き後はまた変わっていたんだろうなぁ。

歴史にもし、たられば、は禁句だけれどさ、妄想は膨らむよね~。

上杉がどこかで豊臣を見限っていれば、あそこまでの苦労はしなくても良かったのかも・・・

とまあ、言っても詮無いことです、はい。



で、ここからはちょいと(脚本家に)文句なんぞを。

国替えなのにさ、何で仙桃院様が残るの?

春日山には越前から堀何某が入るっていうのに、おかしくね?

ましてや、謙信公の御遺骸を春日山に置いていけって、おかしいよ。

史実に照らしても変じゃないの?

仙桃院様は確か米沢で亡くなっているはずだし。

一週遅れの今日の殿と兼続君
久しぶりに殿を拝見いたしました。

ワタクシが磐音様に浮気をしていた間に、随分ご立派になられて。

あの、タヌキ爺の家康に口ごたえいたすとは・・・・

おもわず、『えっ、殿?今なんて?』とテレビに向かってつぶやくワタクシ。

さすがは上杉の殿。

ダテに兼続に『ワシはそなたの盾となろう』って言ってるわけじゃないのよね。

家臣が勝手に物事を決められるわけもなく(上杉は決められるけどね)、

秀吉が命令したってみんなわかっているのに、ネチネチ三成を苛める家康。

ここで三成を庇えば、秀吉に対して文句を言うのと同じことだもんね。

そこを上手く突く家康は、やっぱりタヌキ爺だわね。

そんな家康に真っ向から反論?した殿。

おっとこ前だわね。

殿は『義』だけでなく、『理』もちゃ~んとわきまえてるのよ。

普段は寡黙だけど、ここ一番っていう時には、

饒舌にもなるのよ。

覚えとけっ、タヌキ爺。


出番はそう多くはございませんが、出た時にキラッと光るオーラを放っておりますね。

さすがは殿でございます。

極めつけは、

『ワシとてまだ若こうござる』


発言か?

うんうん、若いよ、殿。このころ40歳かな?

働き盛りだよね。

でもさ、殿が若けりゃ、2歳年上の毛利輝元もまだ若いっていえるよね~。

違いすぎない?

毛利輝元(中尾彬)と上杉景勝(北村一輝)。

2歳差には到底見えないわ。

脚本家~、人選おかしくないか~?


兼続君、今日もよう働いておりましたね。

五大老の元を作ったのは兼続君(と三成君)だったのか~。

知らなかったわ。

それにしても、秀吉くん、ありゃただの老害だね。

老害


それ以外の何ものでもないね。

歳をとってからできた子だから、可愛いのは判るけどさ。

権力者として一番やってはいけないことだよな~、あれ。

今の国会議員の世襲と同じか。

昔から考える事はみんな一緒ってことなのね。



そんな事はさておいて、今日は殿が春日山においでになるって言うのに、

ワタクシは遠く岩手で『天地人」再放送を見ているなんて。

殿、ワタクシの代わりに、『えるっこさん』を秘かに遣わしましたので、

なにとぞよしなに御取りはかりくだされ。

一週間早ければ、何をおいても殿を見に行ったのに。

上越市のばかっ!

今日の殿と兼続くん
殿、お髭もりりしく、ステキでございました。

いい男は、なにをやってもいい男なんでございますね。


今日のワタクシ、成り代わりたい人物が二人もおりました。

一人目は、「お松」  兼続とお船の長女ですね。

お松ちゃんのように、殿に抱っこされとうございます。

いいな、いいなぁ。羨ましいなぁ。

ブッキー兼続が父で、北村殿がおじさん(のようなもの)なんて、一生の宝物じゃないか。

たとえ、大きくなって憶えてなくてもさ。

ああ、代わりたい。


いま一人は、「菊姫」

お菊ちゃんたら、半年離れている間にずいぶん殿に対して素直になったじゃないの。

「お会いしとうございました。」

殿もビックリするやら、嬉しいやらのあの顔。

お菊ちゃんのあの大きな瞳でまっすぐに見つめられたら、ドギマギしちゃうよね~。

眉間に皺のない殿を見るのは久しぶりのような気がしますわ。

優しい目をしておりましたね。

殿にあんな顔をさせることができる菊姫、あ”~、羨ましい。

ちょっと、菊ちゃん、そこどいて。

ワタクシがそこに座るから。


兼続くんとお船夫婦も久しぶりの水入らずでよかったね。



今日はその殿の顔を思い浮かべながら、眠りにつくとしましょうか。



どうでもいいけど、初音が出なくなって嬉しいんだけど、代わりに淀ちゃんが出てきて、なんだか疲れるわ。

淀ちゃんも演じている人もたいして好きじゃないからさ。

と、好き嫌いを言っても詮無いことですがね。
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .